少しずつ北欧に。住んでからと建築時の記録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by bee
 
[スポンサー広告
吹抜けという空間
昨日の韓国戦は白熱しましたね
どうなる事かと思いましたが、、、

川島かっこ良すぎです。惚れてまうやろです。(←最近見かけなくなりましたね。。)
興奮冷めやらぬです。


今日からは「つけて良かった物」シリーズの番外編。
新居の「大好きな物たち」をご紹介させて下さい(*^^*)。


最初はタイトル通り「吹き抜けという空間」です。
吹き抜け空間


吹き抜けは、実用面では
空調が効きにくい、音が2階にもれる、硝子の掃除がしにくい等
デメリットの方が多いのかな、と思います。(空調に関しては→こちら



一方、良い事と言えば、
「開放感がある」このぐらいしか思い浮かばず…^^;。



この「開放感がある」という事が、家にいる時間を
とても穏やかな時間に変えてくれています。



病気になったり、その他色々な事情で外出する時間をとれない時、

ふと見上げると、そこに空があって、

シーリングがゆっくりと廻っているのを見ると、

何だかホッとするのです息が抜けるというのかな?





その時、かならず目に入る物。
オーデリック洋風ブラケット





オーデリックの洋風ブラケットです。(こちらで買いました)




これ、実際には殆ど使っていません
でも、あると無しでは意匠的な意味で全く異なります。


照明は大好きで、家の照明を決める時も散々悩みました^^;。
(照明はこちら→その1その2


この照明は、オーデリックのショールームへ行った時、
一目惚れして決めた物です。


実用面では、不要の長物と化していますが、
オブジェとして、大好きな品なのです



見る度に、「これにして良かった」「可愛いわ」と
自己満足に浸っています





階段のブラケットは、常に視界に入る場所に設置されているので、
吹き抜け部のアクセントとして活きています
オーデリック吹き抜け




余談ですが、階段の手摺は残念ポイントの一つで、
初めて見た時は、ショックで交換しようかと思ったほどです


それが時間と共に慣れてしまって
今は「まぁまぁ、悪くないかも?」と思うまでになっています。


どんな物でも見慣れれば愛着が湧いてくるものですね


次回は、「我が家の個性を造っている」といっても過言では無い
大好きな物達をご紹介したいと思っています^^。


完全に自己満足の世界へ入ります~(笑)。
どうぞ、飽きずにお付き合い下さいませ



関連記事
Posted by bee
comment:0   trackback:0
[つけて良かった物
comment
comment posting














 

trackback URL
http://bee201088.blog109.fc2.com/tb.php/127-1c752fdb
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。